*Note: Story initially released on December 22, 2020. This is a Japanese translation of the initial announcement.

シンガポール、2020年12月28日 — これまで韓国とシンガポールで提供されていたサムスン・ブロックチェーン・ウォレット対応の当社AMLセキュリティサービスが、2020年12月21日より、さらに17カ国に拡大されることをここに正式に発表いたします。

韓国とシンガポールに加えて、新たにサムスン・ブロックチェーン・ウォレット内で当社のセキュリティサービスを享受できる国は、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、アイスランド、ノルウェー、フィリピン、ポルトガル、ルーマニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、アメリカ合衆国の全19カ国になります。

前述の国のサムスンの最新携帯電話モデルのユーザーが、最新版にアップデートしたサムスン・ブロックチェーン・ウォレットにアクセスすると、当社が提供するAMLセキュリティサービスによって保護されます。

“ブロックチェーンサービスAML統合契約”は、サムスン・ブロックチェーン・ウォレットのユーザーに最先端のセキュリティソリューションを提供することを目的としています。

この統合契約によって以下の機能が実装されます。

1.暗号資産の取引を行う前にウォレットアドレスの安全性を確認することができます。

当社のThreat Intelligence Database(TRDB)にアクセスすることで、ユーザーは暗号資産の取引を行う前にウォレットアドレスの安全性を確認することができます。これにより、ユーザーは、ハッキングや詐欺、ダークウェブなどの様々な犯罪に使用された履歴を持つ悪意のあるウォレットとやり取りしていないことを確認できます。

2. 承認を得ずに行われた不審な取引に関する”プッシュアラート”を受け取ることができます。

秘密鍵の漏洩や認証情報の誤操作によりデジタル資産が移転した場合、一般的にユーザーがすぐに事件に気づき、適切な対処をすることは困難です。しかし、当社のAMLソリューションは、異常な取引が検出されると、プッシュ通知を通じてサムスン・ブロックチェーン・ウォレットのユーザーに警告を発します。

3. マネーロンダリングプロセスを追跡し、法的に有効な分析レポートを受け取ることができます。

サムスン・ブロックチェーン・ウォレットのユーザーがハッキングや詐欺によってデジタル資産の損失を経験した場合、Sentinel Portalプラットフォームを通じてインシデントトラッキングのリクエストを提出することができます。調査プロセスが完了すると、ユーザーは法的証拠として法執行機関に引き渡すことができるトランザクション追跡レポートを受け取ることができます。

Uppsala Security社は、シンガポールに本社を置き、韓国のソウルと日本の東京に支社があります。Telegram、LinkedIn、Twitter、Facebook、MediumでUppsala Securityをフォローしてください。on Telegram, LinkedIn, Twitter, Facebook and Medium.

日本語でのオンライン製品デモをご希望の場合は、ご希望の日時を以下のメールアドレスまでお知らせ下さい。後日、当社日本人スタッフより日時の調整を行わせて頂きます。

info@uppsalasecurity.com

日本語の製品パンフレットをご希望の方は以下のリンクよりダウンロードが可能となっております。

https://forum.sentinelprotocol.io/t/japanese-product-brochures/875

また製品の機能などに関するご質問、評価用アカウントの作成等のご要望に関しましても上記Emailアドレスまでお気軽にお問合せ下さい。


シンガポール、2021年9月2日 — 2021年8月31日より、当社の暗号資産リスク管理ソリューションの製品スイートにBinance Smart Chain (BSC)の追加を発表できることを大変嬉しく思います。これによりサポート対象の暗号資産は、Binance Smart Chain (BSC)、Bitcoin (BTC)、Ethereum (ETH)、ERC-20、Litecoin (LTC)、TRON (TRX)、EOS (EOS)、Stellar (XLM)、Ripple (XRP)、Bitcoin Cash (BCH)、Binance Coin (BNB)、Cardano (ADA)となりました。

Binance Smart Chainは、高性能な分散型アプリケーションを開発するための本格的な環境を備えたブロックチェーンプラットフォームです。その適応性とブロックチェーン空間での幅広い採用、Binance Chainとのクロスチェーン互換性による、BSCと当社のプラットフォームの統合は、より多くのユーザーと分散型エコシステムに貢献するプロジェクトにとって大きな付加価値になると考えています。

当社、Uppsala Securityのマネーロンダリング防止(AML)、テロリスト資金調達対策(CTF)、規制遵守、調査ソリューションの製品群は、新興の分散型スペースにとって極めて重要な暗号資産の取引追跡とリスク管理のための最先端のアルゴリズムと、革新的な製品アーキテクチャを網羅しています。Binance Smart Chainのサポート追加は、より多くの暗号資産をハッカーや詐欺師、不正行為から保護するだけでなく、不幸な悪意のある攻撃を受けた場合に追跡調査できることを意味します。

UPPwardブラウザ拡張機能(Chrome、Brave、Firefox、Edge)は、暗号詐欺や不正行為に対する警告を提供する無料のワンストップ保護ソリューションです。Crypto Analysis Transaction Visualization(CATV)ツールは、ユーザーが指定したウォレットの入出金のトランザクションフローを簡単にグラフィックで可視化するフォレンジックツールです。Crypto Analysis Risk Assessment (CARA) — 直感的な機械学習ソリューションで、既知の悪意のあるウォレットと正常なウォレットの両方の行動パターンに基づき、指定された暗号アドレスのリスクレベルを分類します。Interactive Cooperation Framework API(ICF-API)は、顧客のアプリケーション上から、6,100万以上の脅威指標を含むクラウドソースの脅威インテリジェンスデータベース(TRDB)に動的に問い合わせることを可能にするもので、顧客アプリケーションにセキュリティ機能を提供し、マネーロンダリング、詐欺、テロリストの資金調達からデジタル資産を保護すると同時に、法規制の遵守を支援します。

さらに、Binance Smart ChainをサポートするUppsala Security社の最新製品の一つがThreat Reputation Database On-premise Management System (TOMS)です。「オンプレミスソリューション」に対する規制当局や開発者の需要の高まりを満たすために作られたユニークなソリューションです。TOMSは、プラットフォームに依存せず、あらゆる組織の内部ネットワーク上に脅威インテリジェンスデータ(TRDB)を配置する事ができ、RESTful APIを介してアプリケーションやサービスと統合することができます。これにより今日の主要なハイパーコネクテッド組織は最も厳しい規制遵守要件に対応することができます。

“当社の製品群がサポートする新しいトークンやネットワークが加わるたびに、ユーザーやアプリケーションの新たな層を開拓できるだけでなく、分散型テクノロジーの現実的な導入に積極的に貢献しています。新興の分散型アプリケーション、ネットワーク、暗号資産が政府や国際機関に真剣に受け止められるためには、これらが実用的なサイバーセキュリティとコンプライアンスのソリューションに支えられていなければなりません。当社のチームは、これらの要件をすべて満たすシンプルな製品群を開発しました。本日、当社の製品がサポートするネットワークのリストにBinance Smart Chainが加わったことを発表できることを大変嬉しく思います。また、近い将来、さらに新しい製品機能をご紹介できることを楽しみにしています”
- Nobel Tan, CTO, Uppsala Security

Uppsala Securityについて

当社、Uppsala Securityは、シンガポールに本社を置き、韓国のソウルと日本の東京に支社があります。当社は、人工知能、ブロックチェーン、機械学習技術を活用した、Sentinel Protocolとして知られる世界初のクラウドソース型脅威インテリジェンスプラットフォームを構築・運営しています。上記のフレームワークを支えているのは、経験豊富なセキュリティアナリストと研究者のチームであり、世界中の組織や規制遵守基準の暗号セキュリティニーズを満たす一連の高度なリスク管理ソリューションを展開することで、組織が相互接続された体験を安全に実現できるよう支援することを約束しています。

今後の製品リリースに関する最新情報をご希望の方は、以下のソーシャルメディア・チャンネルにご登録ください。 Telegram, LinkedIn, Twitter, Facebook and Medium.

日本語でのオンライン製品デモをご希望の場合は、ご希望の日時を以下のメールアドレスまでお知らせ下さい。後日、当社日本人スタッフより日時の調整を行わせて頂きます。

info@uppsalasecurity.com

日本語の製品パンフレットをご希望の方は以下のリンクよりダウンロードが可能となっております。

https://forum.sentinelprotocol.io/t/japanese-product-brochures/875

また製品の機能などに関するご質問、評価用アカウントの作成等のご要望に関しましても上記Emailアドレスまでお気軽にお問合せ下さい。


Singapore, September 3rd, 2021Uppsala Security, a state-of-the-art provider of award-winning security tools and services for Crypto AML/CTF, Transaction Risk Management, Regulatory Compliance and Cyber Security announced today that its Travel Rule technology has been patented as of September 2nd, 2021.

The Travel Rule, which already applies to transfers of fiat currencies like US Dollars between financial institutions, is an anti-money laundering Recommendation issued by the Financial Action Task Force (FATF) in which the sender-receiver information has to be verified between Virtual Asset Service Providers (VASPs) when sending and receiving virtual assets. However, due to privacy laws, VASPs cannot…


글로벌 블록체인 보안 업체인 웁살라시큐리티가 ‘트래블룰(Travel Rule)’ 솔루션 개발을 위해 관련 특허를 등록했다고 3일 밝혔다.

트래블룰이란 가상자산을 송수신할 때 송수신자의 정보를 VASP 간 확인하는 절차를 거쳐야 한다는 국제자금세탁방지기구(FATF)의 규정이다. 하지만 VASP는 개인정보보호법 때문에 사용자들의 정보를 타사와 공유할 수 없다. 따라서 VASP 간의 사용자 정보를 공유하면서 트래블룰을 준수할 수 있는 방법이 어려운 실정이다. 현재는 국제 표준 트래블룰에 대한 협의점도 없을 뿐더러 아직까지 트래블룰 규정을 준수할 수 있는 솔루션도 드물다.

웁살라시큐리티 측에 따르면 이번에 등록한 트래블룰 특허는 …


블록체인 보안전문기업 웁살라시큐리티가 2021년 8월 30일부터 고도화된 위험 관리 솔루션들에 바이낸스 스마트 체인 (Binance Smart Chain)을 추가 지원합니다.

이번 바이낸스 스마트체인(BSC)에 대한 지원은 기존의 비트코인(BTC), 이더리움(ETH), ERC-20, 라이트코인(LTC), 트론(TRX), 이오스(EOS), 스텔라(XLM), 리플(XRP), 비트코인캐시(BCH)에 추가된 기능 지원입니다.

BSC는 고성능 분산 애플리케이션 개발에 적합한 환경을 갖춘 블록체인 플랫폼으로, 블록체인 전반에 걸친 적용성과 광범위한 활용성을 가지고 있으며, 크로스 체인 간의 호환이 가능하도록 지원되고 있습니다. 이에 …


Singapore, September 2nd 2021 — We are very happy to announce that starting from August 31st, 2021, Uppsala Security’s award winning product suite of advanced Cryptocurrency Risk Management Solutions will also support the use of Binance Smart Chain (BSC). The support for the Binance Smart Chain will be added to existing capabilities supporting the use of Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH) and ERC-20, Litecoin (LTC), TRON (TRX), EOS (EOS), Stellar (XLM), Ripple (XRP), Bitcoin Cash (BCH), Binance Coin (BNB), and Cardano (ADA).

Binance Smart Chain is a blockchain platform with a full-fledged environment for developing high-performance decentralized applications. Due to its…


(*Tornado Cash: 이더리움 거래 프로토콜 중 하나로, 강화된 익명성을 보장하는 서비스를 제공한다.)

작성자: 도노반(Donovan), Team Manager (Threat Intelligence Operations)

지난 2021년 8월 19일 목요일, 리퀴드 거래소(Liquid Exchange) 는 약 9천만 달러(한화 약 1,053억) 로 추정되는 대규모 가상자산 해킹을 당했습니다. 일본 암호화폐 거래소는 먼저 트위터 성명을 통해 자신들의 웜 월렛(Warm wallet)이 해킹 당한 사실을 밝혔고, 도난당한 자산이 이체된 해커의 암호화폐 주소 목록도 함께 공유했습니다.

(*Warm wallet: 웜 월렛은 ‘핫 …


Written by: Donovan, Team Manager (Threat Intelligence Operations)

Singapore, August 31st 2021 — On August 19th, Liquid Exchange unfortunately fell victim to a hack estimated to be worth around US$90M in stolen assets. The Japanese cryptocurrency exchange first announced the incident through Twitter, stating that their warm wallets had been compromised. A list of the hacker’s cryptocurrency addresses to which the stolen assets were transferred was also shared.


マネーロンダリングのプロセス、関係する取引所、Tornado Cash後の暗号資産の行方は?

執筆者 Donovan、チームマネージャー(Threat Intelligence Operations)

先週の木曜日(8月19日)、Liquid取引所(QUOINE社)は、不幸にも約100億円(90M$)の盗難資産と推定されるハッキングの被害に遭いました。日本のLiquid取引所を運営するQUOINE社は、この事件をTwitterで最初に発表し、ウォームウォレットが被害にあった旨を公表しました。また、盗まれた資産が送金されたハッカーの暗号資産アドレスのリストも共有しました。


執筆者: Nobel Tan, Security Research Manager

Cointelegraphのニュース記事によると、日本の取引所であるZaifが大規模なセキュリティ侵害に遭遇し、5,900万米ドル相当の暗号資産が失われたとのことです。

これは、9月14日(金)に発生したセキュリティ侵害の結果であり、ハッカーはユーザーのホットウォレット(45億円相当)だけでなく、取引所の資産(22億円相当)も盗むことに成功しました。

Sentinel Protocolは、日本のSentinelチームのメンバーから寄せられた報告に基づいて通知を受け、調査を開始しました。今回の事件は、ハッカーが使用したビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)という3つの異なる暗号資産の3つの異なるアドレスに関するものです。

1.Case 78825 — 以下のBTCウォレットのアドレスは、合計5,966BTCを受け取ったと報告されており、これは推定3,800万米ドルの価値があります。

Sentinel Protocol Team

Operating on blockchain technology, Sentinel Protocol harnesses collective cyber security intelligence to protect crypto assets against hackers, scams and fraud

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store