Singapore, October 3rd 2022 — 暗号AML/CTF、取引リスク管理、規制遵守、取引追跡、サイバーセキュリティのための最先端のセキュリティツールおよびサービスを提供するUppsala Securityは、2022年9月5日から8日にかけてフランスのストラスブールで開催された、Team Cymruおよび欧州評議会の主催によるUnderground Economy Conference 2022にて講演を行いました。Uppsala SecurityがTeam Cymru主催のイベントに参加するのは、2022年5月にインドネシアのバリ島で開催された第1回に続いて2回目です。 このイベントでは、Uppsala SecurityのAthul Harilal(サイバーセキュリティ脅威研究者)とReece Soukoroff(脅威インテリジェンス研究アナリスト)が講演を行いました。このセッションには、サイバーセキュリティのトップクラスの専門家や規制当局が参加し、AthulとReeceのプレゼンテーションは、Crypto Analysis Transaction Visualization(CATV)、Crypto Analysis Risk Assessment (CARA)、今後リリース予定である暗号資産監視ソリューション(CAMS)などUppsala Securityの主要データ分析ツールとその機能に焦点を当てたものでした。また、前述のツールを用いて作成された、悪意のある第三者が採用するマネーロンダリング手法に焦点を当てた複数のケーススタディを紹介し、質疑応答では参加者と議論が交わされました。

Uppsala Security、フランスのストラスブールで開催されたUnderground Economy Conference 2022にて講演
Uppsala Security、フランスのストラスブールで開催されたUnderground Economy Conference 2022にて講演

Singapore, October 3rd 2022 — 暗号AML/CTF、取引リスク管理、規制遵守、取引追跡、サイバーセキュリティのための最先端のセキュリティツールおよびサービスを提供するUppsala Securityは、2022年9月5日から8日にかけてフランスのストラスブールで開催された、Team Cymruおよび欧州評議会の主催によるUnderground Economy Conference 2022にて講演を行いました。Uppsala SecurityがTeam Cymru主催のイベントに参加するのは、2022年5月にインドネシアのバリ島で開催された第1回に続いて2回目です。

このイベントでは、Uppsala SecurityのAthul Harilal(サイバーセキュリティ脅威研究者)とReece Soukoroff(脅威インテリジェンス研究アナリスト)が講演を行いました。このセッションには、サイバーセキュリティのトップクラスの専門家や規制当局が参加し、AthulとReeceのプレゼンテーションは、Crypto Analysis Transaction Visualization(CATV)、Crypto Analysis Risk Assessment (CARA)、今後リリース予定である暗号資産監視ソリューション(CAMS)などUppsala Securityの主要データ分析ツールとその機能に焦点を当てたものでした。また、前述のツールを用いて作成された、悪意のある第三者が採用するマネーロンダリング手法に焦点を当てた複数のケーススタディを紹介し、質疑応答では参加者と議論が交わされました。

”Team Cymruが主催するイベントに参加できることを、嬉しく思っています。質の高い企画に加え、これらのイベントは、業界トップの専門家、規制当局、政府機関が、最新のサイバーセキュリティの問題や現在のサイバー脅威に対する最新のソリューションについて議論する絶好の機会を提供しています。Team Cymruがこのような素晴らしいUnderground Economy Conferenceを開催し、私たちのソリューションと研究成果を参加者の皆様と共有する機会を与えて頂いたことに感謝したいと思います。また今後のイベントへの参加も楽しみにしています。”とUppsala Securityのサイバーセキュリティ脅威研究者であるAthul Harilalは述べています。

このイベントには、世界各国から約500人の専門家が集まりました。

About Team Cymru

​​2005年以来、Team Cymruの使命は、グローバルなサイバー脅威の活動に関する包括的な情報を提供し、多くのサイバーセキュリティおよび脅威インテリジェンスベンダーにとって重要な情報源となることです。Team Cymruのコミュニティサービス部門は、ネットワーク事業者、ホスティングプロバイダー、86カ国以上の140以上のCSIRTチームに対して無償で脅威の検知とインテリジェンスを提供するとともに、企業顧客にグローバルなサイバー脅威を包括的に可視化する商用ソリューションも提供しています。

About Uppsala Security

Uppsala Securityは、人工知能、ブロックチェーン技術、機械学習を搭載した初のクラウドソース型脅威インテリジェンス・プラットフォームであるSentinel Protocolを構築しました。このフレームワークを支えているのは、経験豊富なサイバーセキュリティの専門家チームです。彼らは、暗号AML/CFT、取引リスク管理(KYC/KYT)、取引追跡、規制遵守、サイバーセキュリティのための高度なツールとサービスの受賞歴のあるスイートを開発し、あらゆる種類と規模の組織が厳しい規制遵守基準に適合しながら悪質な攻撃や詐欺から暗号資産を保護することができるようにしています。現在、Uppsala Securityは、政府機関、金融機関、暗号取引所、決済サービス、ウォレット、カストディアンサービス、ゲーム、フィンテックソリューションなどを提供する大手企業を含む2,000以上のユーザーを有しています。

Uppsala Securityは Telegram, LinkedIn, Twitter, Facebook and Mediumでフォローすることができます。

日本でも弊社ソリューションに関するお問合せが増えています。日本人スタッフがデモやQ&A等を行いますのでお希望の方はお気軽にinfo@uppsalasecurity.comまでご連絡下さい。

--

--

Singapore, August 10th 2022 — 暗号AML/CTF、取引リスク管理、規制遵守、取引追跡、サイバーセキュリティのためのセキュリティツールおよびサービスを提供する最先端企業、Uppsala Securityは本日、世界中の規制・法執行機関にCrypto Analysis Transaction Visualization Solution(CATV) でサポートしているTerra Classic (LUNC) の取引追跡ソリューションの無料アクセス提供を正式に発表しました。CATVの機能におけるTerra Classic (LUNC)のサポートは、最近、法人顧客向けに追加されたものです。

Uppsala SecurityのCATVは、デジタル資産の取引追跡に特化したアンチマネーロンダリング(AML)調査、分析ツールで、デジタルウォレットの挙動や取引フローパターンをリアルタイムで追跡・監視し、疑わしい資金がいつ、どの相手、取引所に移動したかを特定することが可能です。これまでは、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、Binance(BNB)、Cardano (ADA)など12種類の暗号資産に対応しており、今回、Terra Classic (LUNC)の追加により合計13種類の暗号資産をサポートすることになりました。

2022年前半に発生したTerraエコシステムに関わる不幸な出来事を受け、Uppsala Securityは資金の流れについて独自の調査を行い、2種類の記事を発表していますので、こちらをご覧ください。調査後、ある側面がまだ疑問視されていたことから、司法機関がこの問題についてさらなる調査を行うためには、より迅速かつ効果的なデジタル資産追跡ツールが必要であると判断し、Terra Classic(LUNC)取引追跡ソリューションを法執行機関や規制当局に無償で配布することを決定しました。

既存の調査手法では、例えば”Terra Finder”などのブロックエクスプローラーでLUNCの取引内容を手動で確認する必要があり、多くの時間と人手が掛かります。しかし、Uppsala SecurityのCATVは、ウォレットアドレスをツールに入力するだけで、すべての資金の流れ(取引詳細)を可視化し、Terraform Labs(TFL)/Luna Foundation Guard(LFG)関連の資金の流れが一目で直感的に理解できることが特徴です。また、CATVでは、ブラックリストに登録されたTerra関連のウォレットや取引所ウォレットの情報をツール内で確認できるため、疑わしい取引との関連性を分析するサポートが強化されます。

Uppsala Securityの韓国、日本のカントリーマネージャーであるMinwoo Kuは、” Terra Classic(LUNC)に対応したデジタル資産追跡ソリューションを業界で初めて提供します。当社のソリューションの強みは、市場の状況や一貫したお客様の要望に迅速に対応できることです”と述べています。また、”CATVでLUNCをサポートすることで、法執行機関がTerra/LUNA事件に関する様々な捜査に協力し、LUNAとUSTの崩壊を実際に導いた者の調査を進めることができれば、Terraコミュニティと関係者の期待に応えることができる “と付け加えた。

Uppsala Securityは、2020年からCIRC(Crypto Incident Response Center)を運営し、Nth Room事件や各種取引所ハッキング、マルチレベル詐欺など、様々なデジタル資産金融犯罪の調査を行ってきました。2022年7月現在、詐欺、ハッキング事件の総額は約4,300億ウォン(300MUSD以上)に相当する額に達しています。

About Uppsala Security

Uppsala Securityは、人工知能、ブロックチェーン技術、機械学習を搭載した初のクラウドソース型脅威インテリジェンス・プラットフォームであるSentinel Protocolを構築しました。このフレームワークを支えているのは、経験豊富なサイバーセキュリティの専門家チームです。彼らは、暗号AML/CFT、取引リスク管理(KYC/KYT)、取引追跡、規制遵守、サイバーセキュリティのための高度なツールとサービスの受賞歴のあるスイートを開発し、あらゆる種類と規模の組織が厳しい規制遵守基準に適合しながら悪質な攻撃や詐欺から暗号資産を保護することができるようにしています。現在、Uppsala Securityは、政府機関、金融機関、暗号取引所、決済サービス、ウォレット、カストディアンサービス、ゲーム、フィンテックソリューションなどを提供する大手企業を含む2,000以上のユーザーを有しています。

Uppsala Securityは Telegram, LinkedIn, Twitter, Facebook and Mediumでフォローすることができます。

--

--

Singapore, July 26th 2022 — 暗号AML/CTF、取引リスク管理、規制遵守、取引追跡、サイバーセキュリティのためのセキュリティツールおよびサービスを提供する最先端企業であるUppsala Securityは、KODA (Korea Digital Asset) にデジタル資産AMLソリューションを提供する契約を締結したことを本日正式に発表しました。

KODAは、韓国最大の銀行である Kookmin Bank(KB)が、ブロックチェーン開発企業のHaechi Labsが提供する技術を基に、Hashedと提携して設立したデジタル資産のカストディサービス企業です。法人・機関に特化したデジタルアセットカストディサービスをワンストップで提供することを特徴としており、その最初の顧客としてWemadeと契約を締結しています。

KODAは、Uppsala Securityとの契約により、Uppsala SecurityのThreat Intelligence Database(TRDB)、Crypto Analysis Transaction Visualization(CATV)、Crypto Analysis Risk Assessment(CARA)ツールの利用が可能となります。

KODAは、Uppsala Securityの脅威インテリジェンスDB(TRDB)のアクティブユーザーとなることで、入金された資金のウォレットアドレスがダークウェブやハッキング、金融犯罪に関わるブラックリストのウォレットかどうかを事前に確認、検討し、AML(マネーロンダリング)、CTF(テロ資金対策)資金モニタリング機能を強化することができます。

また、人工知能(AI)と機械学習(ML)の仕組みを用いて、ブラックリストに登録されたウォレットアドレスの挙動から様々なオンチェーン取引パターンを検出するUppsala SecurityのCARAツールを利用することで、Uppsala Securityの脅威インテリジェンスDB(TRDB)でまだラベル付けされていないウォレットアドレスに対するリスクレベルを関連付けて、疑わしいウォレットとの取引リスクを事前に軽減、分類に役立てることができます。

Uppsala Securityは、詐欺などの犯罪に関わる暗号資産取引が後日発覚した場合、 Virtual Asset Tracking Security Solution (CATV)を通じてウォレットの取引フローをリアルタイムで追跡・監視し、規制遵守をさらに強化するとともに暗号資産のマネーロンダリングを防止できると説明している。

Uppsala Securityは現在、全く新しい最先端のデジタル資産不正検出システム(FDS)ソリューションの開発を本格的に進めており、ワンクリックで大量のウォレットアドレスのリスクを事前にチェックし、リスクの高い取引を事前にブロックすることができるものになるとしています。

KODAの最高情報セキュリティ責任者(CISO)であるKo Young-joo氏は、”KODAのマネーロンダリング防止および内部統制セキュリティシステムは、すでに既存の金融セクターや業界の要求水準で運用されているが、Uppsala Securityのマネーロンダリング防止および取引追跡ソリューションを追加導入し、政府の規制基準以上の水準でデジタル資産を扱える見込みだ”と述べている。また、”Uppsala Securityが近日中にリリースされるデジタル資産に特化したFDSソリューションの導入も検討しています。”と付け加えた。

About KODA

KODAは、デジタル資産のカストディサービスを行う企業です。昨年、Korea Internet & Security Agency (KISA)のISMS認証を取得し、仮想資産サービス事業者(VASP)としての届け出を完了しました。現在、韓国銀行とともに中央銀行デジタル通貨(CBDC)フェーズ3テストに参加することが決まっています。

About Uppsala Security

Uppsala Securityは、人工知能、ブロックチェーン技術、機械学習を搭載した初のクラウドソース型脅威インテリジェンス・プラットフォームであるSentinel Protocolを構築しました。このフレームワークを支えているのは、経験豊富なサイバーセキュリティの専門家チームです。彼らは、暗号AML/CFT、取引リスク管理(KYC/KYT)、取引追跡、規制遵守、サイバーセキュリティのための高度なツールとサービスの受賞歴のあるスイートを開発し、あらゆる種類と規模の組織が厳しい規制遵守基準に適合しながら悪質な攻撃や詐欺から暗号資産を保護することができるようにしています。現在、Uppsala Securityは、政府機関、金融機関、暗号取引所、決済サービス、ウォレット、カストディアンサービス、ゲーム、フィンテックソリューションなどを提供する大手企業を含む2,000以上のユーザーを有しています。

Uppsala Securityは Telegram, LinkedIn, Twitter, Facebook and Mediumでフォローすることができます。

--

--

Singapore, June 24th 2022 — Crypto AML/CTF、取引リスク管理、規制遵守、取引追跡、サイバーセキュリティのツールおよびサービスを提供する最先端企業であるUppsala Securityは、韓国ブロックチェーン協会(KBA)へ掲題の協力をすることを発表しました。韓国ブロックチェーン協会(会長Gap-soo Oh/以下協会)は、近年デジタル資産市場で話題になっている投資家保護と関連して、Uppsala Securityとフィッシングサイト防止サービスを提供することを決定しました。 具体的にこの協力は、詐欺やハッキング、フィッシングを防止できるUppsala Security社のセキュリティツールであるUPPwardのインストールリンクを、協会のウェブサイトに掲載することから始めます。 UPPwardは、Chrome、Microsoft Edge、Firefox、Braveなどのインターネットブラウザにインストールすることができる拡張プログラムです。取引所を装ったフィッシングサイトや公式アカウントを装ったソーシャルメディアアカウントへのアクセスなどネット上の危険を警告し、ユーザーがアクセスするウェブサイトやソーシャルメディアアカウントが安全か否かを確認することで被害を未然に防ぐことができます。

韓国ブロックチェーン協会
、Uppsala Securityと共同でデジ
タル資産フィッシングサイト防止サ
ービスを開始
韓国ブロックチェーン協会
、Uppsala Securityと共同でデジ
タル資産フィッシングサイト防止サ
ービスを開始

Singapore, June 24th 2022 — Crypto AML/CTF、取引リスク管理、規制遵守、取引追跡、サイバーセキュリティのツールおよびサービスを提供する最先端企業であるUppsala Securityは、韓国ブロックチェーン協会(KBA)へ掲題の協力をすることを発表しました。韓国ブロックチェーン協会(会長Gap-soo Oh/以下協会)は、近年デジタル資産市場で話題になっている投資家保護と関連して、Uppsala Securityとフィッシングサイト防止サービスを提供することを決定しました。

具体的にこの協力は、詐欺やハッキング、フィッシングを防止できるUppsala Security社のセキュリティツールであるUPPwardのインストールリンクを、協会のウェブサイトに掲載することから始めます。

UPPwardは、Chrome、Microsoft Edge、Firefox、Braveなどのインターネットブラウザにインストールすることができる拡張プログラムです。取引所を装ったフィッシングサイトや公式アカウントを装ったソーシャルメディアアカウントへのアクセスなどネット上の危険を警告し、ユーザーがアクセスするウェブサイトやソーシャルメディアアカウントが安全か否かを確認することで被害を未然に防ぐことができます。

また、暗号資産の送金先ウォレットアドレスの不正やハッキング履歴の有無をチェックする機能があり、安全な取引を可能にしています。

ユーザーがUPPwardのポップアップウィンドウ下部にあるリポート機能を通じて疑わしいウォレットアドレスをUppsala Securityへ報告する事ができます。弊社のセキュリティアナリストはそれを明確なブラックリストまたはホワイトリストのラベルが付けられるまで継続的に調査、検証を行った後にデータベースへ登録する仕組みになっています。

Oh Gap-soo会長は、協会が目指す最高の価値は、健全なデジタル資産のエコシステムを構築し、投資家が安心できる環境を提供することだと言及しました。今後、協会企業のメンバーと共に様々な投資家保護活動を通じ、業界自体が市場秩序の確立に向けた模範を示したいと強調しました。

Uppsala Securityの韓国と日本のカントリーマネージャであるMin-woo Kuは、UPPwardを利用して疑わしい行為を事前にチェックするだけでなく、ユーザーの集合知による脅威インテリジェンスDBを運用することで、全世界の利用者に様々な被害を未然に防止する効果があると述べた。また、投資家保護のための協会の強い意志に賛同し、Uppsala Securityが協会に積極的に協力することも約束しました。

“ブロックチェーン産業が始まって以来、分散型金融サービスおよびソリューションの早期採用者に悪影響を与え、暗号資産の損失を招いたあらゆる事件は、信頼性が高く堅牢で効果的なサイバーセキュリティ、AMLおよび取引追跡ソリューションを持つことがいかに重要かを再確認させるものであります。2018年から、まさにこれらの要件を満たす強力な製品群と複合的なソリューションを提供できることをうれしく思いますし、韓国ブロックチェーン協会と協力して、会員の皆様へこれらのサービスを提供できることに興奮しています。KBAが韓国のブロックチェーン産業の発展のために行ってきた活動や、規制遵守のための調査や実施に関して提供してきたサポートには深く感謝しており、力を合わせることによって、これらの新しい技術に関わる全ての人にとってより安全で信頼できる環境を実現できることを願っています。”とUppsala Securityの韓国、日本のカントリーマネージャであるMin-woo Kuは述べています。

About Korea Blockchain Association (KBA)

韓国ブロックチェーン協会は、韓国だけでなく国外のブロックチェーン産業のイノベーションと成長のさらなる発展に寄与することをコミットメントとして、2018年に設立されました。協会とそのメンバーは、最先端の分散型技術の円滑な開発と採用を保証するために、研究、構造改善だけでなく、政策への提案に重点を置いています。

About Uppsala Security

Uppsala Securityは、人工知能、ブロックチェーン技術、機械学習を搭載した初のクラウドソース型脅威インテリジェンス・プラットフォームであるSentinel Protocolを構築しました。このフレームワークを支えているのは、経験豊富なサイバーセキュリティの専門家チームです。彼らは、暗号AML/CFT、取引リスク管理(KYC/KYT)、取引追跡、規制遵守、サイバーセキュリティのための高度なツールとサービスの受賞歴のあるスイートを開発し、あらゆる種類と規模の組織が厳しい規制遵守基準に適合しながら悪質な攻撃や詐欺から暗号資産を保護することができるようにしています。現在、Uppsala Securityは、政府機関、金融機関、暗号取引所、決済サービス、ウォレット、カストディアンサービス、ゲーム、フィンテックソリューションなどを提供する大手企業を含む2,000以上のユーザーを有しています。

Uppsala Securityは Telegram,LinkedIn, Twitter, Facebook and Mediumでフォローすることができます。

--

--

Sentinel Protocol Team

Sentinel Protocol Team

Operating on blockchain technology, Sentinel Protocol harnesses collective cyber security intelligence to protect crypto assets against hackers, scams and fraud