2022年1月、シンガポール — 当社、Uppsala Securityは、2021年3月末にリリースしていたThreat Reputation Database On-premise Management Systemのアップデート版であるTOMS 2.0のリリースを発表しました。TOMS 2.0は、デジタルアセット分野における最も厳しい規制要件の需要を満たすために設計されたオンプレミス型ソリューションで、新たに追加された機能により、さらに効率的でシームレスな結果を提供します。

TOMS 2.0の主な特徴は、RESTful APIを介し最新の脅威インテリジェンスデータをあらゆる組織やアプリケーション、サービスと連携できる柔軟性があり、そしてその名が示すようにオンプレミス型であることです。これにより、インターネットに接続することなく、組織内のコンピュータネットワーク上からThreat Reputation Database(TRDB)に格納されている最新の脅威インテリジェンスデータに動的にアクセスすることができます。

ブロックチェーン/非中央集権型エコシステムにおける規制は、世界規模で徐々に厳しく、より具体的になってきています。最も厳しい規制の枠組みに準拠する必要がある政府機関、金融機関、金融ソフトウェアアプリケーションは、データのプライバシーとセキュリティを高めるために、オンプレミス型のソリューションの採用を求められることが多くなっています。TOMSのような製品を使用することで、Uppsala Securityの世界中の顧客は、最新のクラウドソースの脅威インテリジェンスへのアクセスを享受できるだけでなく、安全なオンプレミス環境からそれを行うことができます。

TOMSの2.0バージョンでは、以下のように様々な機能拡張が行われています。

1. ダウンロードプログレスバーの表示

Sentinel Protocol Team

Sentinel Protocol Team

199 Followers

Operating on blockchain technology, Sentinel Protocol harnesses collective cyber security intelligence to protect crypto assets against hackers, scams and fraud